審美歯科

「歯を白く」「銀歯を白く」「入れ歯を目立たなく」

口の中の健康を保つとは、「食べる」、「話す」といった働きを保つことと、見た目を良くするという2つの要素で、心身ともに健康な生活を送る事ができるようになると考えられています。

審美歯科とは、歯や歯並びの形、色のバランスを整えて、見た目で満足することで明るい表情で生活を送ることを助けるものです。

残念ながら、健康保険制度では、歯の働きの部分に重点を置いた治療になってしまうので、審美歯科は保険外診療になってしまいます。

ホワイトニングで歯を白くする

歯の表面の汚れで変色している場合には、歯医者さんで歯石を取ったり歯を磨いてもらうことできれいにすることが可能です。 歯の表面だけでなく、飲み物や食べ物の色素が歯の内部に入ったり、加齢により変色してしまったものは、磨くだけでは白くなりません。この場合はホワイトニングを行って白くする必要があります。

ホワイトニングは、薬を使って歯の中の色素を分解することで歯を白くします。歯を溶かしたり、削っているわけではないので安全なものです。 残念ながら、安全とはいえ薬を使っているので、ホワイトニングができない方もいらっしゃいますので、実際にやる際には歯医者さんで相談してからになります。

ホワイトニングの方法には、歯科医院の中で行うオフィスホワイトニングと、歯科医院で準備をしたものを自宅で使用するホームホワイトニングの2つの方法があります。すずめ歯科では、白くなった後に色が戻りにくいホームホワイトニングを採用しています。

セラミックで歯を白くする

ホワイトニングは歯を白くできますが、銀歯のような歯ではない部分は白くすることができません。 銀歯を白くするには、銀歯の代わりの材料を使う必要があります。「ハイブリッドセラミック」「オールセラミック」「メタルボンド」と呼ばれるものがありますが、どれもセラミックを応用したものです。

セラミックは汚れも付きにくく、白くて美しい材料ですが、金属よりは硬くないという欠点があります。そのため、色々な種類の治療法の中から、歯の状態に合った選択をする必要があります。

歯並びが気になっている場合は、歯を削らないで治せる矯正治療が第一選択になりますが、年単位の時間がかかるのが欠点になります。矯正のように時間のかからない方法として、削って歯の形を整えて、歯並びの見た目を良くしたいという方もいらっしゃいますが、その場合の治療法であるラミネートベニアにもセラミックを使用します。

金属のバネを使わない入れ歯

部分入れ歯は、歯に金属のバネをかけていますが、いかにも入れ歯という感じで気になることはありませんか?

ノンクラスプデンチャーという、金属のバネを使用しない入れ歯もあります。この入れ歯は、弾力のある固いゴムのようなプラスチックの材料を使っているので、金属のバネを使用しなくても歯にかけることができます。歯肉のようなピンク色なので、入れ歯を目立たなくできます。

審美歯科に関するご質問

どのくらいの時間がかかりますか?
歯と歯肉のバランスを確認してきれいなものを入れるため、保険の診療より期間が長くなります。
歯の形を整えた後に仮歯を入れて歯肉が落ち着くのを待って、確認した後に微調整を行ってから歯型をとります。そのため、治療回数が1回分増えてしまいますが、質の高い治療を行うことができます。
保証はありますか?
かぶせものの場合、保険診療で2年の保証期間があります。保険外診療でも独自の保証期間を設けています。材質によりますが、3年もしくは5年間の保証をしています。期間内は無料でやり直しができます。
歯への負担について知りたいです。
材質によって削る量が変わりますので、神経のある歯の場合はしみやすくなる可能性もあります。
セラミックは汚れが付きにくい材料ですので、歯周病になりにくいという意味では保険の材料よりも負担が少ないとも言えます。

いつも笑顔の頼れる歯医者さんを目指しています

歯医者さんでの治療に緊張してしまう方でも、なるべくリラックスして治療ができるようにと考えています。お口のことで気になることがあれば、気軽にご相談ください。

  • 虫歯の治療
  • 小児歯科
  • 小児矯正
  • 審美歯科
  • 入れ歯
  • 歯周病
  • スリープスプリント
診療時間
予約制となっておりますので、お電話でご予約の上 ご来院ください。
医院の場所
宮城県仙台市太白区八木山本町1丁目13-6
動物公園前医療モール2F
地図
地下鉄東西線「八木山動物公園」駅から徒歩5分 市バス「八木山動物公園東門前」バス停から徒歩1分
  • 院長ブログ
  • 症例集