小児歯科

おとなとは違う、こども専門の小児歯科

お子さんの歯には、はじめに生えてくる乳歯と、その下に存在する永久歯があります。乳歯が虫歯になっても、生え変わるまで様子をみれば良いと思っている方もいらっしゃるかもしれません。

乳歯の虫歯をそのままにすると、何か問題があるのでしょうか?

もちろん、問題があるのです。その後に生えてくる永久歯や、その後の歯並びに悪影響を与えてしまいます。
小児歯科は、現在のお子さんの治療をするだけでなく、おとなになってからの問題を予防することを重要だと考えています。

虫歯を予防するには

お子さんの虫歯を予防するには3つの方法があります。
生活習慣の見直し
ご家庭でも対応できます。砂糖の入っている飲食物を取る「量」と「回数」を工夫したり、歯ブラシの方法を改善することで虫歯が予防できます。どこを直せば良いのか分からないことも多いと思いますので、歯医者さんで相談しましょう。
シーラントをする
シーラントとは、奥歯の噛み合わせにある溝の深くなっている部分を埋める処置です。奥歯の噛み合わせの溝は複雑な形で、細く深いので、歯ブラシも当たりにくく虫歯になりやすい部分です。特に生えたての6才臼歯にはとても効果があります。
フッ素のお薬を塗る
日本での使用方法としては、「うがい薬」「歯磨き粉」「歯科医院で歯に塗る」があります。「歯磨き粉」以外は歯医者さんでしか行うことができません。

乳歯の治療は、おとなの歯並びに重要!

乳歯の治療乳歯の咬み合わせの部分に虫歯ができると、咬み合わせに影響が出ます。乳歯の歯と歯の間に虫歯ができると、後から生えてくる永久歯のスペースが減ってしまいます。進行してしまった乳歯の虫歯は、乳歯の根を通って、乳歯の下にある成長中の永久歯に感染してしまうこともあります。

乳歯の治療は、むし歯の治療だけではなく、成長したときに健康で美しい永久歯の歯並びになるためにとても重要なのです。

転んで、歯をぶつけたら

お子さんが成長してくると、歩き始めたり、走り回るようになってきますが、それに伴い転ぶことも多くなってきます。転んで歯を打った時に、そのままにして良いのか、診てもらった方が良いのか悩んでしまうと思います。

「歯が抜けた」場合は、できるだけ早い方が歯を戻すことができる可能性が高くなりますが、乳歯を無理に戻しても、下にある永久歯にダメージがあることがあります。
痛みがなくても、
  • 歯がグラグラになった
  • 歯が欠けた
  • 口から血が出てきた
時は、要注意です。
歯の中にある神経が切れてしまっていることもありますし、乳歯の下にある、あごの骨の中にある永久歯にダメージがあることもあります。

すぐに症状が出なくても、時間が経ってから問題が出ることもありますので、まずはご相談ください。

ゴムのマスクで、きれいな治療を手早く

ラバーダムラバーダムと呼ばれる装置があります。ラバーダムとは、治療をしたい歯にゴムのマスクをかけるものです。

お子さんの口の中は、小さいので唾液でいっぱいになりやすいです。この唾液が、乳歯や生えたての永久歯に白い詰め物をするときに邪魔をしてしまいます。

白いつめものは、水があると歯に付きにくくなります。歯に付いているように見えても、小さな隙間ができていることがあるので、隙間から虫歯になってしまうこともあります。

ラバーダムは、治療する歯を水から守ってくれるので、きれいな治療を素早くすることができるのです。

小児歯科に関するご質問

何歳から通えば良いの?
お子さんの年齢がいくつでも、気になることがあれば歯医者さんで診てもらいましょう。1歳くらいでも虫歯があったり、虫歯になりそうな歯があれば治療をすることができます。
乳歯が生えそろっていれば、気づかないところに虫歯があるかもしれませんので、一度診てもらって確認してもらうと安心ですね。
子供の虫歯予防にはどういったものがありますか?
フッ素の薬が有名ですが、それ以外にもあります。虫歯になりやすい奥歯の溝を埋めるシーラントという処置もありますし、おやつや食事の取り方、歯ブラシの方法を教えてもらうのも虫歯予防にはとても重要です。
子供が歯磨きを嫌がるのですが、どうしたら良いでしょうか?
歯ブラシを楽しめるように、上手にできたらほめてあげたり、遊びを取り入れてみて楽しい雰囲気をつくってみましょう。
また、お子さんはおとなよりも粘膜が敏感です。歯茎や上の前歯の近くにある筋の部分に歯ブラシが当たると、痛みを感じて嫌がってしまいますので、その部分に注意して歯磨きをしてみてください。
いつ頃からおやつをあげたら良いのでしょうか?
もちろん、おやつをあげるタイミングが遅い方が虫歯になりにくいと思います。とは言え、小さなお子さんは1度の食事でたくさん栄養を摂るのが難しいので、おやつで栄養を補給することも必要になることがあります。
おやつの内容とタイミングを考えるのが重要です。内容は、砂糖がなるべく少なく、歯にくっつきにくいものを選ぶこと。タイミングについては、いつでも食べられる状況を作らないで、決められた時間だけに限定することで対応してください。

いつも笑顔の頼れる歯医者さんを目指しています

歯医者さんでの治療に緊張してしまう方でも、なるべくリラックスして治療ができるようにと考えています。お口のことで気になることがあれば、気軽にご相談ください。

  • 虫歯の治療
  • 小児歯科
  • 小児矯正
  • 審美歯科
  • 入れ歯
  • 歯周病
  • スリープスプリント
診療時間
予約制となっておりますので、お電話でご予約の上 ご来院ください。
医院の場所
宮城県仙台市太白区八木山本町1丁目13-6
動物公園前医療モール2F
地図
地下鉄東西線「八木山動物公園」駅から徒歩5分 市バス「八木山動物公園東門前」バス停から徒歩1分
  • 院長ブログ
  • 症例集